ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

メインメニュー
検索
リンク
NEWS
NEWS : 【国際戦略経営研究学会】第6回企業革新研究会10月14日のご案内
投稿者 : 200640122 投稿日時: 2023-09-16 00:20:58 (173 ヒット)

        企業革新研究会(第6回)
                        

次の要領で「企業革新研究会」の第6回会合を開催致しますので是非ともご参加ください。
非学会員の方の参加も可能です。

日 時: 2023年10月14日(土) 13:00-14:45 (ZOOM開催)
報告:60分、コメント:各5-10分、その後、全体討議

報告者:小林 英幸(SBI大学院大学 教授)

テーマ: EVウォーズにおけるトヨタの戦略

コメンテーター:D. A. Heller(中央大学 特任教授)、
西尾弘一(中央大学経済研究所 客員研究員)

司会: 西尾弘一  

本研究会は、第2回プログラムとして、「トヨタとホンダはEV(とConnected cars)」ウォーズにおいてプラットフォーマー他といかに戦おうとしているのか、その勝算はどこにあるのか」という
テーマおよび関連テーマで、3〜4回の研究会を開催致します。

 今、第1回の研究会では、小林先生にお話し頂きます。自動車業界の激変は続いており、本研究会の前身の日本企業再生研究会で「トヨタはテスラにキャッチアップできるか」というテーマでお話し頂いて以降、EVをめぐる競争の熾烈化、ホンダとソニーのJVによるコンセプトカーの発表などの動きがある中で、同社についてはトップマネジメントの交代、EV戦略の転換などが報じられています。

これを承け、今回は小林先生に、次の諸点を中心にお話しいただく予定です。

・テスラへのキャッチアップ戦略のその後の進展状況は?
・(“EV戦略の転換”によって)中国他の市場でのシェア拡大戦略に変化?
・対プラットフォーマー戦略や「ホンダとソニーのJV戦略」への対応は?

なお、議論の促進・深化のために、上述の企業再生研究会でのご発表をまとめたJSMS掲載の小林先生のご論文(および河合論文)に目を通しておいて頂くことを希望します。

(なお、つづく第7回(11月中旬予定)では、「自動車のサービス化― 自動運転の実装の現状と課題」
(仮)について西尾がお話しする予定です。)

参加御希望の方は学会のホームページから「10月12日までに」参加登録をしてください。
登録者リストを作り、ZOOMミーティングに参加するためのURL、ID/パスワードを「前日に」BCCでお知らせします。
https://iap-jp.org/iasm/event/member/index/197

世話人:河合忠彦、西尾弘一              
                              アドバイザー:平松庸一、木村裕斗