ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

メインメニュー
検索
リンク
  
投稿者 : 200640122 投稿日時: 2016-03-03 20:39:24 (1063 ヒット)

各位

椿先生からのメールの転送です。
ご関心のある方は是非。

平日で間近ですが、
東京大学 伊藤謝恩ホールを覗くのもよいかと。
国の支援があるプロジェクトはいいですね。

丸山氏はIBM出身です。この手の講演は椿先生
のご案内で過去に何回か参加しましたが、
今回も北川源四郎、樋口知之先生のお話+佐和隆光と
おもしろそうです。


日時:2016年3月7日(月) 13:00~(受付開始12:30)
場所: 東京大学 伊藤謝恩ホール
入場無料、登録不要です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様方へ

椿です。
私は出られないのですが、下記のお知らせです。
データサイエンティスト協会の基準この前原案をWEBで覗きましたが、色々とこ
れだけで議論が出来そうです。

-------- Forwarded Message --------
Subject: 「データサイエンティスト育成ネットワークの形成」最終年度報告シ
ンポジウムのお知らせ

統数研の皆様、

丸山@モデリング研究系です。

「データサイエンティスト育成ネットワークの形成」最終年度報告シンポジウム
を、3月7日に東大で開催いたします。「ビッグデータを利活用しイノベーショ
ンを促進する人材を 育成するネットワークの形成」を目標に事業を推進してき
た、約3年間に及ぶ活 動成果を報告いたします。 北川機構長、樋口所長にもご
講演いただきます。

詳細はこちらをご覧ください:http://datascientist.ism.ac.jp/symposium.html

また、皆様の周囲の方にも、ぜひお知らせください。入場無料、登録不要ですの
で、お気軽にどうぞ。


---------------------------------- 記 ------------------------------
----
日時:2016年3月7日(月) 13:00~(受付開始12:30)
場所: 東京大学 伊藤謝恩ホール
入場無料、登録不要です。

プログラム:
13:00 13:10 来賓あいさつ
  文部科学省 参事官(情報担当) 榎本 剛
13:10 13:55 滋賀大学のデータサイエンス学部創設について
  滋賀大学 学長 佐和隆光 ・ 東京大学 教授 竹村彰通
13:55 14:40 データサイエンティスト育成懇談会報告書について
  情報・システム研究機構 機構長 北川源四郎
14:40 15:00 (休憩)
15:00 15:30 データサイエンティストのスキル定義
  データサイエンティスト協会 スキル委員会委員長 安宅和人
15:30 16:15 「データサイエンティスト育成ネットワークの形成」事業の報告
  統計数理研究所 教授 丸山 宏
16:15 ? 16:50 今後の展望
  統計数理研究所 所長 樋口知之


投稿者 : DrK 投稿日時: 2016-02-13 15:12:14 (710 ヒット)

D6期(西尾ゼミ)金森剛です。
現在、相模女子大学(最寄駅は小田急線相模大野)に勤務しています。

先日の運営スタッフ会議で、GSSM修了生の交流機会を増やす活動の一環として、業種別分科会をやってみようかという話になりました。第1弾として「GSSM ALUMNI 大学分科会」を計画したく思います。

GSSMのホームページで「教員等になった修了生」を見ると、85人の名前があります。
 http://www.gssm.otsuka.tsukuba.ac.jp/about/field.html
首都圏の他の社会人大学院の方には「GSSMは教員になる人が多いですね」とよく言われます。教育を仕事にしている修了生が交流する場があるとよいなと思っていました。

30年以上前、大学を卒業するときに、マックス・ウェーバーの『職業としての学問』を読みました。今でもその主張に共感するところですが、今日の大学に対する社会的要請は大きく変化してきていると感じています。これから我々はいかにあるべきかについて、一緒に考えたいと思います。

大学等での教育、研究、その他活動について、各人の問題意識や取り組みを紹介しあうような懇談会、懇親会を企画したいと考えます。ご賛同いただけます方は、私までメールをください。
 t-kanamori@star.sagami-wu.ac.jp
よろしくお願いします。


投稿者 : 200640122 投稿日時: 2016-02-12 05:30:28 (620 ヒット)

各位

星野先生からのご連絡です。
ご関心があればよろしくお願いします。

白川先生は以前茗荷谷でもご公演がありました。
平日なので厳しいですが、名古屋へGO!

西尾(河合ゼミ18期筑波最終)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経営行動科学学会 中部部会 公開講演会のご案内

中部部会の公開講演会が以下のように行われます。
ノーベル賞化学賞受賞者である白川英樹先生による講演会です。
愛知大学で行われた第18回大会に向けて、大会委員長の星野靖雄先生が依頼されたそうですが、
その時はご都合でかなわず、今回も星野先生のご尽力でご登壇いただけることになりました。

日時:2016年3月1日(火)午後2時〜3時30分
会場:愛知大学名古屋キャンパス講義棟L803教室
   東京霞が関オフィス(テレビ会議)
題目:科学・技術のより深い理解を社会に根付かせるために
演者:白川英樹氏(筑波大学名誉教授)

科学・技講 演 題 目 術のより深い理解を社会に根付かせるために

 18世紀後半に英国で始まった産業革命以来、とりわけ20世紀に入ってからの科学・技術の急速な進歩で、人類は計り知れない恩恵を受けてきた。

 その一方で深刻な弊害も目立ってきて、科学・技術には功罪の両面性があるという認識が深まった。しかし、「罪」の側面は多様であり、一口に公害と入っても1企業や複数の企業の怠慢による罪」もあるし、PM2.5などによる深刻な大気汚染は人々の生活の結果生じた弊害と言える。 

 これらの弊害は科学者や技術者の努力で解決する見込みがあり、現に排ガスや排水の処理技術の進歩と普及により、日本ではかなりの成果を挙げるに至っている。
 その一方で地球温暖化やエネルギー問題は科学者や技術者の努力だけでは、解決は極めて困難であり、ES細胞や遺伝子操作・遺伝子編集、生殖医療研究など進歩により、生命の倫理やヒトの尊厳が問われる事案も増加してきた。

 これらの問題を解決するのは科学者や技術者だけでは不可能で、社会全体で考えなければならない。そのためには科学・技術を社会に根付かせる必要がある。

 その基本として理科好きの青少年を育てることが大切だが、教養教育の基礎を創る初等・中等教育では理系・文系の区別はあってはならず、大学での教育でも教養教育の大切さは言うまでもない。

 科学技術の振興には自然科学の教育だけでは駄目で人文科学、社会科学、経済学、更には芸術などの基礎教育も必須である。

 また、次世代の人材を育てるために最も大切なことは、子どもたちに童心を持ち続けさせることである。偶然から思っても見なかったものごとをうまく見つけ出す能力とされるセレンディピティーについても述べる。


投稿者 : 200640122 投稿日時: 2015-10-06 05:46:44 (887 ヒット)

各位

筑波大学国際室 木村さんからのご連絡:

ご関心のある方はご協力宜くお願いします。
(木村剛さんは中央大ビジネススクール河合忠彦筑波大名誉教授ゼミご出身で河合先生つながりでご連絡いただきました。昨年から筑波大学にご勤務されています)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

筑波大学同窓生および関係者の皆様

この度、主に海外に居住する筑波大学同窓生のネットワーク強化を目的として、ウェブ上にTsukuba Alumni Network(T-Net)サイトを開設いたします。

T-Netでは、自分の居住地などの情報を登録・更新できるだけでなく、同窓生のデータベース検索、メール送信、各地域での同窓会組織内の連絡などが行えます。

なお、T-Net は、本学の帰国留学生だけでなく、国内・海外居住の日本人同窓生、在学生、元教職員、教職員等がご参加いただけます。

詳細はチラシ(日本語版・英語版)をご参照ください:http://global-alumni.sec.tsukuba.ac.jp/fileview.php?m=3&a...

正式オープンは10月1日ですが、9月28日に開催される第1回Overseas Alumni Conferenceにて、世界の9地域から集まる同窓生代表や在学生に紹介いたします。

登録は非常に簡単です。https://global-alumni.sec.tsukuba.ac.jpから簡単に登録していただけます。

ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

筑波大学国際室 担当:木村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
西尾@河合ゼミ(GSSM 2008年修了・18期:最終)


投稿者 : 200640122 投稿日時: 2015-05-14 00:20:32 (1055 ヒット)

各位

 新緑の候、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 さて、第8回年次大会・研究発表大会のご案内を
 学会ホームページに掲載いたしました。

 http://www.iasm.jp/news/20150512.html

 ・募集要領
 ・書類ダウンロード
『報告要旨集用原稿』作成要領
  Manuscript Guidelines
『報告要旨集用原稿』サンプル
  Sample for the Manuscript
                等

 風薫る5月、どうぞお健やかにお過ごしください。

 西尾@河合ゼミ(GSSM 2008年修了・18期:筑波河合ゼミ最終)


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 17 »